車椅子ソフトボール大会 第1回甲州カップ

2019.11.18

■大会開催の背景と目的
日本社会全体で「ダイバーシティー」や「共生社会」へと向かう動きが大きくなっている中、山梨県においても同様に様々な取り組みがなされています。しかしながら、障がい者との交流という観点からは、各種取り組みが当事者、ないし普段から関わりのある方を中心としたものが多く、今一歩内輪からの広がりを見せない現状があります。そこで、障がいの有無関係なく、健常者でもプレーヤーとして気軽に参加できる「車いすソフトボール」という種目を通じた大会を開催することで、日ごろ障がい福祉と関わりが無い方にも楽しみながら「障がい」理解ができるように取り組みを進めております。今大会は山梨県内に障がい者と健常者のコミュニティを創造し、障害福祉の活性化に繋げる活動の為の第一歩となります。

■障がい福祉を誰もが楽しめるコンテンツを用意
本大会では、障がいの有無、障がい程度、年齢、性別関係なく、誰もが楽しめるコンテンツを用意しております。各ブースの概要についてはお問い合わせ下さい。
1.ICTを活用した車椅子ソフトボールバッティングブース
2.トレーニング体験&メディカルケアブース
3.miniおよび光岡自動車の福祉改造車展示ブース
4.車椅子ソフトボール体験ブース

【大会概要】
■車椅子ソフトボール大会 第1回甲州カップ大会概要
大会正式名称  :車椅子ソフトボール大会 第1回甲州カップ
開催日時    :11/30(土)12時30分~17時 12/1(日) 9時30分~16時
開催会場    :山梨県立産業展示交流館「アイメッセ山梨」
(〒400-0055 山梨県甲府市大津町2192-8)
主催    :山梨県車いすソフトボールクラブ
共催    :山梨県障害者スポーツ協会
協賛    :ジブラルタ生命保険株式会社/株式会社アルプス/株式会社早野組 他
後援    :山梨県/山梨県ソフトボール協会/日本車椅子ソフトボール協会
大会リンク :http://ywsa.xsrv.jp/event-information/

 

参考サイト https://news.allabout.co.jp/articles/p/000000001.000051336/

Writer TryMam