環境が変わると人生も変わる

2018.10.4

akoです。

私は14年ほど前に、東京から夫とともに移住してきました

高校卒業後、都内でずっと色々な仕事してバブル世代後半だったという事もあり

中学生からディスコに通い、ワンレンボディコンです(笑)

仕事も楽しくバリバリして、収入も一人で生きていくためには必要なだけありました

港区内に長く住んでいたので、周りは高級志向の友達ばかりで私自身も麻痺して

ブランド品ばかり身に着け、遊びまくりで華やかな生活をしていました。

でも、当時同じ会社で働いていた現夫と知り合い交際したことで私の人生は180度少しずつ動き始めたんです!

何の前触れもなく、突然「田舎に引っ越そうかな」の一言に、最初はなんおこっちゃ?一人で行くのね~と

のんきに聞いていた私でしたが結局私も一緒にという事に気が付き、甲府に移住してきました。

甲府市内でも、北の方で山の途中の場所を選び生活開始!

バス停で、バスを待っている自分の姿に違和感を感じ、持っていたブランド品の服、カバン、時計、アクセサリー

すべてオークションで処分して今住んでいるこの場所に適した生活をしようと決めました。

移住してきて一年目は、夫以外と話すことがなく本当に帰りたいと泣きながら夫に話をしたことも度々

そんな一年を過ぎたころ、娘を妊娠し出産して近所の保育園に併設してい子育て支援センターを見つけて毎日お弁当をもって

娘と二人で通い、私自身も情報交換する人たちを見つけて楽しく過ごせるようになりました。

そこで、知り合った一人のお母さんがかぎ針で編み物をしていて、ちょっと楽しそうだと思い始めたのがきっかけとなり

本屋さんで編み物本を見ているうちに、麻ひもでバッグを編む!という事を知り、独学でかぎ針で麻ひもバッグを編むことを始めました。

編みあがったバッグをもって支援センターに自慢しに行くと、本当にみんなが褒めてくれて、作ってほしいと頼まれることが増え自分でも驚くほど物事がトントン拍子に進み、まるで誰かが「あなたの仕事はこれ!」と言っているようでした。

県内のイベントで販売を始めていくうちに「教えてくれないですか?」と言われるようになり、教える事も始めようと決めました。

編みレッスンを始めた時も、宣伝もせずなんだか色々トントン拍子に進み、口コミで広がり編みレッスンを始めて今年で7年目です。

外に出て働くことは考えたことがありません、この間に二人の子供を育てながら編む時間を確保していました。

子供たちを早く寝かせるために、朝からお弁当を準備して支援センターに三人で遊びに行き思いっきり子供たちは遊び、夕方帰宅して三人でお風呂に入り、三人で夕飯を済ませて七時半には子供たちに絵本を読み聞かせしながら寝かしつけ。(夫は仕事でほとんどいなかったので)

子供たちが寝てたらあとは、私時間(^^♪ 麻ひもでバッグを作る楽しい時間です

長女が年少になるのを機に、個人事業主になり二人とも保育園に通い。

自分のしている仕事にイメージに合わせて服装も変え、ナチュラル風なお母さんになっていきました。

昔の私からは想像もできないような、私です。きっと昔の私を知っている人は私だと気が付かないでしょうね~

でも、これはすべて山梨に移住してきたから起こった事、山梨に来たから見つかったこと

環境がこんなにも人の人生を変える力があるんですね。

作る人→教える人→伝える人に代わっていこうとしています。

山梨に来たからこそ私らしい人生が送れているのだと最近つくづく感じています。

私のように極端に環境を変える事は難しいと思いますが、自分の意識を変えるって本当に大切だと思います。

意識を少し変える、物の見方を少し変えてみる、いつもと違う道を通り買い物に行ってみる、小さなことから

環境を変えると、自分の気持ちの変化が始まって少しずつ人生が動き始めるかもしれませんよ~

 

akoという名前で現在も活動しています

自宅と甲府駅北口にある手芸雑貨店itokaraさんでカゴアミワークショップの開催

インスタグラム

https://www.instagram.com/ako______desu/

 

 

 

 

Writer あこ