在宅ワークという働き方

2020.2.27

 

在宅ワーク」という言葉、最近よく耳にするようになりました。

在宅ワーク」というと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?

大半の方は、内職、データ入力、アンケートやリサーチ、ブログ記事代行  などを思い浮かべると思います。

求人情報で「在宅ワーク」と検索すると出てくるキーワードでもありますね。

そして、働く時間についても「在宅ワーク」だと、隙間時間や気が向いたときに働ける、休みが取りやすい、子供がそばにいてもできる、などの印象があると思います。

では、実際に「在宅ワーク」として働き、収入を得るには どうすればよいのかを お伝えしていきたいと思います。

在宅ワーク」として働く場合には、会社と雇用契約を結び時給として給与を得るケースと、フリーランスとして仕事紹介サイト(クラウドワークスやランサーズなど)に登録して、応募したり、1件ごとのタスクを完了させて対価を得る方法があります。

会社と契約するには、やはりきちんとした書類提出、面接や試験があります。また、パソコンのスキルやクラウドでのデータの管理方法などの知識が求められます。チャットやzoomなどのネットワークを使った会議がある場合には、安定したネット環境が必要です。働く時間もある程度まとまった時間が必要とされる場合が多いです。

一方、短時間で作業を完了できる「タスク」という単位でのお仕事や 期間の決まったお仕事のほか、ホームページ制作のような専門的なお仕事まで多様な仕事があるのが、ランサーズやクラウドワークスなどのお仕事紹介サイトになります。サイトに登録すれば、すぐに仕事をして対価を得る事ができます。サイトへの登録は無料でできますし、登録しなくてもどんな仕事があるのか見ることができますので、一度のぞいてみてください。

在宅ワーク」としての働き方には、会社に所属し雇用という形で働くパターンと、ご自分で仕事を探してきて応募したりコンペ形式の選考を通るなどして仕事を請け負うパターンがあります。

 

在宅ワーク」として、ご自分がどのような働き方をしたいか、時間や作業をする環境、どれくらいの金額を得たいか などをはっきりさせておいたほうが、ご家族に相談するときや仕事を選ぶときにも スムーズに物事が進むと思います。

Writer Hana