女性の本音Vol.3 こんなマウンティング女はどう思う?

2021.6.13

女性の本音vol.3

こんなマウンティング女はどう思う?

最近バラエティー番組でも、ニュースでも話題になっているマウンティング女。

マウンティング女とは他の女性に対してマウントを取りまくる女性のことです。

褒めているようで、実はけなしている…。

そんなマウンティング女はあなたの周りにも潜んでいるかもしれません。

そこで今回は、マウンティング女について見ていきましょう。

 

「なんで彼氏作らないの?」

マウンティング女のよくあるセリフなのが、

「なんで彼氏作らないの?」です。
はっきり言って余計なお世話ですよね。
「私は彼氏がいるからとても幸せなのに」
「あなたにはなんでできないんだろうね?」
という意味が込められています。

仲のいい友達がからかいで言ってくる分には腹腹が立たないのですが、
あまり仲が良くない人に言われると、余計に腹が立ちますよね。

「なんであなたにそんなこと言われないといけないの?」

と思いませんか?

「この間私の彼氏が〇〇してくれたの」

実はこちらもマウント発言なのです。

自分が彼氏と幸せであることを周りにアピールしたいのですね。

アピールして周りから「いいなぁ」と羨望の眼差しを受けることを心待ちにしています。

そして、そこから永遠と彼氏自慢が始まります。

仲の良くない人からの彼氏自慢ほど、聞いていてつまらないものはありません…。

「はいはい、いいですね…」と適当に相槌をして、その場から立ち去りたくなるほど!


ブランドものアピール

「その鞄かわいいね。どこで買ったの?」よくある会話でもありますよね。

普通であれば「〇〇で買ったよ。」って終わるもの。

しかし、マウンティング女の場合は一味違います。

「そうなの、よく気付いたね。

実はこれ、〇〇の限定で、彼氏に買ってもらったの!」という自慢が入るのです。

「誰に買ってもらったかなんて聞いてないよ!」となりませんか?

ちなみに最近はパパ活が流行っており、

パパに買ってもらったことを報告してくるマウンティング女もいます。

「よくそんな赤い口紅つけられますね。私には絶対無理〜」

明らかな悪意が垣間見えるマウンティング発言。

似合ってないよとバッサリ言われているようなものですよね。

そもそも、あなたによく見られるためにメイクをしているわけではありません。

自分が自分に自信を持つためにメイクをしているのです!

それをけなしてくるなんて…。

他人のメイクには口出しして欲しくないもの。

しかも

「私には絶対無理」

なんて本当に余計なお世話です!

「じゃあ付けなければいいんじゃないですかね?」

と問いただしたくなります。

「本当に写真写りはいいよね〜」

「いや、どういうことやねん!」

と思わず突っ込みたくなります!

「写真写りはいいよね」ということは、実物はそうでもないということ。

ちなみに、逆バージョンである

「私って写真写り悪いからさぁ」

もマウンティング発言。

つまり、実物の私はもっとかわいいよということを言いたいのです。

そして、周りからの「そんなことないよ。写真も実物もかわいいよ」

という言葉を待っているのです。

「その服どこで買ったの?独特な柄してるよね笑」

「その服どこで買ったの?」

はよくあるセリフですが、その後の発言が問題。

マウンティング女の場合は

「独特な柄だね笑」

「私には着られないなぁ」

と、余計な一言がついてくるのです。

一見褒めてくれているようで、けなしているのです。

要するに、

「その服似合ってないよ」

と言いたいわけですね。

 

「あなたの彼氏って素朴だよね」

彼氏がいなかったときは

「なんで彼氏できないの?」

「絶対、彼氏作った方がいいよ」

とマウントを取ってくるくせに、

彼氏ができたらできたでマウントを取ってきます。

「あなたの彼氏って素朴だよね」

「普通だよね」

と言って、さりげなく彼氏を侮辱してきます。

ちなみに、あなたの彼氏がイケメンだと

「こんなかっこいい人と付き合っていて疲れない?」

「彼は〇〇ちゃんの男が良くて付き合ったのかな」

とさりげなく別れさせようとしてくるのもマウンティング女の特徴。

つまりは、自分より下だと思っていた人に上にいかれるのが嫌なのでしょう。

そんな身勝手な理由で、マウントをいちいちとってこないでほしいものです。

「スケジュールが詰まってて忙しいんだよね〜」

遊びの予定を入れるときに、

「いつでも大丈夫だよ」と言うときもあるでしょう。

しかし、マウンティング女の場合はこの発言に目をつけます。

「いつでも暇だなんて羨ましいなぁ。

私なんてスケジュールが結構埋まってて忙しいんだよね」

とマウントをとってくるのです。予定が決まりやすいように言っているのに、

マウントを取られたら「いや別に暇なわけじゃないんだけど…」

と言い返したくなりますよね!

「あなたと違って、私は充実していますよ」

ということをアピールしたいのでしょう。

スケジュールが詰まりすぎていると自分の時間が取れなくなるので、

あんまりうらやましいとは思いませんが…。

 

 

マウンティング女をうまくかわす方法

あなたの周りにも潜んでいるマウンティング女。

マウンティング女に付き合っていると、やはりストレスがたまるもの。

最後にマウンティング女をうまくかわす方法を紹介していきましょう。

 

✨適当に流す

マウンティング女をうまくかわす方法はズバリ適当にあしらうこと!

「〇〇だったんだよね」「私なら無理だよ」と言ってきたなら、

「そうだね」「へー」と適当な相槌で、会話を終わらせましょう。

「すごいね」と相手を調子に乗らせれば乗らせるほど、

マウントがひどくなっていくだけです。

マウンティング女は羨望の眼差しと

「すごいね」「いいなぁ」という言葉を餌にしているので、

それに乗らないことがポイント!!

適当に流し続けることで、マウンティング女は次のターゲットの下へ自然と足を運びます。

だって、あなたといても自分が良い気分になりませんから。

あなたはマウンティング女の気分を満たすための道具じゃありませんからね!

敵当に相槌すると若干その場の空気が微妙になることもありますが、

あまり気にしなくて大丈夫。

 

✨マウント返しはNG

マウントに腹が立って、マウント仕返したいとと思うのも当たり前の話。

言われたままではいられませんからね!

とは言っても、マウント返しはNGです。

マウントを返すと、相手からまたマウントを返されてしまいます。

マウントを回され続けると、あなたのストレスが溜まる一方に。

しかも、マウント返しをするとマウンティング女と同じ土俵に立たことになります。

自分もマウンティング女だと思われたら、たまりませんよね!

マウンティング女には関わらないことが1番。

自分はあなたの欲を満たせませんよということをアピールして、

徐々に距離を取るようにしましょう。

 

✨まとめ

さて、今回はマウンティング女のあるあるや対処法について紹介しましたが、

あなたの周りにも潜んでいませんでしたか?

別に仲がいいわけでもなく、初対面同様な関係に限って、

マウントをとってくる女性もたくさんいます。

マウンティング女はマウントを取るために、

一言一言に対してダンボのように耳を立てています。

そして「これだ!」という発言が出た瞬間に、

目をキラキラさせながらマウントをとってくるのです。

マウンティングこんなに悩まされないためにも、

 

適当に受け流して相手の意のままに操られないこと

 

が大切なポイント!

 

 

餌を与えないようにして、

徐々に距離を取ることでマウンティング女に対するストレスを減らすことができますよ。

マウント発言に対しても気にすることはありません!

 

そのままあなたで大丈夫*

 

もし、今あなたがマウンティング女に悩まされているなら、

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

by kp

Writer TryMam