子供と大人の自己肯定感up

2018.10.30

大人の自己肯定感も問題視されていますが

そこの出発点は、子供のころに決まることが多いいですよね

なので、子供の自己肯定感を高くするために親や大人が心がけておきたいことを

今日は紹介したいと思います。

この、自己肯定感はとても重要で人生すら左右してしまうと思います。

 

自己肯定感は高いほうが良い

では、高いって?

簡単に言うと、自分は今の自分で良いのだ。という事だと思います

逆に、低いというのは

小さいころから、否定ばかりされてきてしまうと自分はダメな人間なんだ、何をしても評価されない・・・

などど、消極的・否定的になってしまいますよね。

ぜひ、子供の自己肯定感を高めるために親として大人として意識を少し変えて子供に接してみると子供は数週間で自己肯定感を高めらるという結果も出ています!

もしご自身のお子さんがもし低いかも?と思っていたらまだ遅くはありませんよ!大人でも時間はかかりますが変えることが出来るという結果も出ています!

ぜひ、子供たちの人生を♪ご自身の人生を♪彩ある楽しい人生にするために自己肯定感を高めましょう♪

「自分には、良いところがある」と認める気持ちが「自己肯定感」

「自分には、良いところがある」と感じることを「自己肯定感」と言い、文字どおり「自己」を「肯定」することです。独立行政法人国立青少年教育振興機構のHPでは、自己肯定感について以下のように書いてあります。

自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉です。
(中略)
自己肯定感が高い子どもとは、「自分が価値のある存在である」と感じていたり、自分に自信がある子どもだといえます。その特徴としては、様々な物事に取り組む意欲が高いことがあげられます。

(引用元:国立青少年教育振興機構|自己肯定感とはなんだろう?

 

自己肯定感についての記事は→https://kodomo-manabi-labo.net/jikokouteikan-gakuryoku

Writer あこ